恥ずかしくて誰にも相談できない男性の悩みED。治療薬もあるみたいだけど不安だし怪しいと感じている人たちに安心で生きるようなサイトを紹介したいと思っています。

カプセルと葉
  • ホーム
  • 癌の摘出手術でEDになってしまった場合のICI治療

癌の摘出手術でEDになってしまった場合のICI治療

前立腺癌や膀胱癌の摘出術、直腸癌の切除術などの手術では、骨盤内臓器を摘出します。
その際に、ペニスの海面体の血管や神経を損傷する危険性があります。
これによりED(勃起障害)になってしまう可能性があります。

従来までの癌摘出手術では、再発リスクを少しでも下げるためにできるだけ多くの部分を除去する方法が採用されてきました。
しかし、最近では患者の術後のQOL(生活の質)を考慮して、勃起機能が残るように神経や血管をなるべく残すようにする手術を採用する医師が増えています。

癌摘出手術は生きるか死ぬかの重大問題ですが、術後のSEXのことまで考えると多くを取り去ってしまうことが必ずしもベストな選択肢とは言えません。

このことについては、手術を担当する医師とよく話し合って決めることが大切です。

仮に手術によって血管や神経が傷ついてしまっても、損傷が少なければED治療薬を使えば勃起できる可能性があります。
損傷が回復していけば、通常と変わらないようなSEXが可能になることもあります。

しかし、損傷が大きすぎて回復は無理な場合には、治療薬を使っても勃起が起こらない可能性が高いです。

その場合には、陰茎締めつけリング、陰圧式勃起補助器具、陰茎海綿体注射(ICI)、陰茎プロステーシス移植などの別な治療法を選択する必要があります。

ただし、プロテーシス移植など外科手術を再び行うのは摘出手術後には適しません。
感染症のリスクもありますし、体にも負担がかかるからです。

なので、大抵はICIが選択されます。
ICIはED治療薬と違って性的刺激を受けなくても勃起が起こります。
なので、神経が傷ついてしまっている場合にも勃起を起こすことができます。